脂肪吸引で失敗してしまうケースはある?

医師選びは慎重に

脂肪吸引 失敗脂肪吸引の名医相談所-お腹や太ももや二の腕への効果・失敗

皮膚がデコボコになってしまうというケース : 左右で細さが違うケース : 医師選びは慎重に

施術前に医師としっかり話し合い、どこをどのくらい細くしたいのか事前にチェックする事で、このようなトラブルは予防出来ます。
見た目の失敗だけでなく、身体の感覚に問題が起こる場合もあります。
脂肪吸引は脂肪をマシンで吸引していくので、身体へのダメージは大きく回復までも時間がかかるものです。
手術後、約1ヶ月程度は強いひきつれ感を感じるでしょう。
動かすとひきつれ感や、つっぱった感じが改善されるまでには約3ヶ月、長いと半年程度かかります。
もし、手術から半年以上経っているのにも関わらず、ひきつれ感・つっぱり感があるという場合、主治医に相談する事をおすすめします。
このような症状は脂肪の取り過ぎ・浅い部分の脂肪を取り過ぎ・手術後に必要なマッサージが不足するなどが、原因となり起こるケースが多いようです。
このようなリスクもある医療痩身ですが、脂肪吸引の技術・知識、そして症例数の多い医師を選べば、適切な施術を行ってくれるので、トラブルを防ぐ事も出来ます。
見た目を左右する医療痩身だからこそ、医師選びは慎重に行いましょう。