脂肪吸引で失敗してしまうケースはある?

皮膚がデコボコになってしまうというケース

脂肪吸引は美容外科で受けられる医療痩身の1つです。
ピンポイントに気になる脂肪を除去できるため、ボディラインを整える効果に優れた効果を発揮します。
食事制限や運動といったダイエットでも、落とす事が難しい二の腕やお腹周り、太ももなどの脂肪も施術を受ける事で、落とす事が可能です。
しかも、脂肪細胞の数自体を減らす効果もある医療痩身は、施術後にリバウンドしにくい体質へと変えられるというメリットがあります。
ただし、脂肪吸引は身体にメスを入れる手術という事もあり、全く失敗しないという事はありません。
場合によっては後遺症などが残るリスクもあるので、施術を受ける際は必ず考慮しましょう。
この医療痩身で多い失敗例に、皮膚がデコボコになってしまうというケースが挙げられます。
脂肪の吸引が均一で無かったために起こる症状です。
脂肪吸引は脂肪を吸引したい部分を少し切開し、カニューレと言われる細い管を挿入する施術を行います。
カニューレの中を通って脂肪を吸引していくのです。
脂肪を吸引する際、施術を行う医師の技術が不足していると、脂肪を均一に吸引する事が出来ません。

脂肪吸引痕が残りそうで怖い

— みゐ仔 (@hsj____loving) 2018年8月13日
すると、脂肪を吸引した所と吸引されなかった所ができ、皮膚がデコボコと波打つ状態になってしまいます。

皮膚がデコボコになってしまうというケース : 左右で細さが違うケース : 医師選びは慎重に